お金の貯まるレディース財布の選び方

風水は身の回りの環境を使った開運学です。古来中国で生まれたもので、環境が運を決めるといった考えから様々な風水があります。レディース財布選びにも風水は深くかかわっており、近年では「風水から見るお金が貯まる財布選び」という方法が人気です。財布選びに迷ったら風水の考えを用いてみましょう。

購入時期で選ぶレディース財布

風水において、財布の使用期間が2年を過ぎると金運は下降するとされています。2年を過ぎたら財布を変えましょう。可能であれば毎年買い替えるようにしておくと、金運を下げずにすみます。
財布を買う時期は春先が良いとされています。春は「張る」と言い換えることができ、財布の中身が張るくらいお金が貯まり、金運が上がっている時期です。春先に買う場合は、立春からひな祭りの時期の間に買うようにしましょう。この時期に買い逃してしまった場合は、10月恵比寿様の日から11月の鎮魂祭までの時期に買いましょう。七福神の中でも有名な恵比寿様は商売繁盛の神様として扱われており、恵比寿様の日がある10月は金運アップに繋がります。
この2つの時期に購入した財布は実り財布と呼ばれ、お金が貯まりやすくなります。

色合いで選ぶレディース財布

財布の色は金色がオススメです。金はお金に通じ、金運アップに繋がります。ただし、派手な金色は気が高すぎて逆効果となってしまうので、落ち着いた色合いのパステルカラーや山吹色が無難です。
お金を貯めたい、つい無駄遣いをしてしまうという方は茶色を選びましょう。茶は土の色で、風水では金は土から生まれるとされています。貯蓄率が一番高い色です。
黒色は、お金が出ていきにくい財布です。金色や茶色より入ってくるお金は少ないですが、現状の資産で満足している方にオススメの色です。
NGな色は赤と青です。赤は炎を連想させ、お金を燃やしてしまいます。青色は流れる水を連想させ、お金を無駄に流してしまうとされています。この2つは避けて選ぶようにしましょう。

形状で選ぶレディース財布

形状で選ぶ場合、風水的には長財布が一番とされています。お金がのびのびとできる長財布は、金運アップに繋がります。お金が出ていきにくいファスナー付きであれば理想的です。長財布の中身はなるべくお札だけにしておき、小銭やカード類は別に収納しておくと更に金運があがります。
鈴が付いている長財布もオススメです。風水では、鈴の綺麗な音にお金が呼び寄せられ、金運が上がるとされています。通常の長財布にチャームで鈴を付けても良いです。財布のワンポイントでお洒落にもなります。
二つ折り財布はお札を折り曲げて収納しなければならないので、風水的にはあまり良くないとされています。ただし、レシートや小銭をあまり貯めず、お札中心にしておけば大きな問題はありません。