金運アップの秘訣

日頃、無意識に財布を扱っている方がほとんどかと思いますが、実はこの財布の扱い方しだいで金運アップにつながる、ということを聞いたことがあるでしょうか?財布というのは、お金をしまう物という考えではなく、財布も生き物として考えてあげると、金運アップにつながるそうです。

金運アップにつながる財布の扱い方その1

日頃、あなたは財布をどのように扱っているでしょうか?財布の中に一昨日、買ったタバコのレシートなんて入っていないでしょうね?財布の中に余計なものが入っていると、それだけ金運が遠ざかると言われています。また、お札の向きが向かい合っている状態で重なっていると、お札が息苦しくなってしまって、お金が入ってこないそうです。人間も部屋が散らかっていたり、満員電車にずっといたらストレスになりますよね。これと同じで、財布も日頃ストレスを感じているので、できるだけ余計なものはいれない、お札の向きは統一するなどするとよいでしょう。また、財布の1日の役目が終わったら、休ませることが大事です。嘘か本当かわかりませんが、財布をぞんざいに扱う人は、お金が入ってこないというのはわかるような気がしますね。

金運アップにつながる財布の扱い方その2

日中、お金の出し入れをするときに財布を頻繁に使いますが、家に帰ったらバッグに入れっぱなしにしているなんてこと多いですよね。中には、真冬でも車の中に入れっぱなしという人もいるようで、真冬の夜中は凍結するぐらい冷え込みます。財布にそんな過酷な扱いをして、お金が入ってくるわけないと思いませんか?財布は家に帰ったら、バッグから取り出して休ませる必要があります。もし時間に余裕があれば、お札、小銭、カード類などすべて抜き出して、一度掃除するとよいかもしれません。そんなことやってられるか、という人もいるでしょうが、金運アップのために騙されたと思って一度やってみるとよいでしょう。意外な報酬が入ってくるかもしれませんよ。

金運アップにつながる究極の財布の扱い方

>
金運アップをさせるには、財布を休ませてあげるとよいと先ほど言いましたが、財布を財布専用の布団に寝かせるという芸能人がいましたね。この方は、家に帰ったらすぐに財布専用の布団に寝かせてあげるそうです。もはや扱いが人間と同じですね。風水では、寝室の南側が金運アップの方角だそうで、そこに財布専用の布団を置いて寝かせてあげるとよいでしょう。金運アップのために、財布は長財布がいいとか、色は緑がいいとか、ピン札を入れといたほうがいいとかいろいろ言われますが、こういった財布に対する基本的な扱い方ができていない人は、どんな高い財布を持っていてもお金は入ってこないような気がします。ぜひ今日からでも、財布の扱い方を見直してみてはいかがでしょうか。